Page: 2/71  << >>
マーサメリー通信更新しました
0

    11月23日(金・祝)に開催されるランチコンサートのご出演者、Violinist後藤勇一郎さんへのインタビューを掲載いたしました。

    是非お読みください。(^^)

     

     

    | マーサメリー | 23:03 | comments(0) | - | - | - |
    写真展『成城・砧 色彩』
    0

      世田谷美術館 区民ギャラリーで開催中の地域の写真展『成城・砧  色彩』に行ってきました。拙宅の桜の写真を4点、砧にある聖愛教会の写真を3点出展しています。会場で父の若い頃をご存知の方とお会いしました。偶然にもご近所にお住まいだと判明し、父の野球のことなどで話しに花が咲きました。「セカンドで2番バッター、横に長いグローブも持っていて、当時は珍しかった。父の他に広岡(さん) も持っていた。」など色々な話をしてくださいました。かまち選手というピッチャーがいらして、父と共に東大の野球部で神宮に出たこともあったことも話題になり、野球が大好きだった父のことを久しぶりに想いました。


      そして、町に憲章を遵守しない家々が建ち並ぶようになり、昔からの住民の長年の努力により培われてきた成城の町の精神が軽んじられている昨今の風潮についても話し合いました。私達が大事に育んできたものがそう簡単に壊されてはならない。改めて、この町の精神を大事にし、絶やさず、しっかりと守り、維持していきたいと強く思った午後のひとときでした。 @ Setagaya Art Museum




      | マーサメリー | 16:31 | comments(0) | - | - | - |
      Keep on going〜マーサメリー通信
      0

        今日は、10月27日(土)のランチ・ライブ、ハーモニカ・デュオ ボンボアさんのライブ情報やインタビューをアップ。

        各ライブについてマーサメリー通信を始めて今回はVol.7。

        Wordで作成するのでそんなに細かいことはできないし、デザインもかっこいいものは作れないが、ライブの魅力を伝えたくて試行錯誤しながらの作成。

         

        ご出演者のみなさんによる真剣な演奏に触れ続けてきたことが大きい。

         

        そこにあるのは「一期一会の精神」

         

        何事も真剣さが感動を呼ぶのだと思う。

        私はライブの度に、感銘を受けるし、心が動かされるのだ。

         

        だから一人でも多くの人と会場でその感動を分かち合いたいと思う。

        お会いしたことがない見ず知らずの方がライブ情報にふと触れた時、そこで立ち止まってくれるか、それともスルーするか。

        その差は何なのか。

         

        今はSNSの発達、発展で、情報はすべてネット上で拡散。チラシも必要がない時代になってきた。

        簡単に拡散される情報の中に埋もれてしまうものと輝くものの違いは何か。

         

        デザイン、写真、色合いなどなど。

        要素はいくつもあると思う。

        ただ、そんなに大きなお金をかけられない。それでも伝えたいものがあるならば、どうやって輝くものとするか、やはりそこを考えていくことが、仕事をする、ということなのだと考える。

         

        そんなに大げさに語る通信ではないが、心だけは大きくありたいのであります。

         

         

        写真はお気に入りのペン。音楽の仕事の時のみ使います。

         

         

         

         

        | マーサメリー | 01:35 | comments(0) | - | - | - |
        櫻井克彦さん水彩画展
        0

          画家の桜井克彦さんの個展に行って参りました。美しい絵の中に刻まれた時に思いを馳せ、昔からの風景が絵を通して触れられることをありがたく思います。 @中央区京橋

          | マーサメリー | 16:10 | comments(0) | - | - | - |
          US Open 表彰式を見て
          0

            JUGEMテーマ:スポーツ

             

            U.S. Openの表彰式の様子をYouTubeで見た。

            セリーナは試合中に我を忘れ暴言を吐き、その結果自滅してしまったが表彰式では自分の非を認め、会場で湧き上がっていたブーイングを「もうやめよう、この式を素晴らしい時にしよう。みんなで力を合わせよう、ポジティブにならなければこれを乗り越えられない」と諭し、「ナオミはよく戦った、彼女の初優勝よ」と讃えた。

             

            大阪選手もセリーナ選手にはもちろんのこと、ブーイングをした会場の観客に敬意を払い、真摯に、素直に自分の言葉で感謝の言葉を述べた。私はこの二人の素晴らしいテニス・プレイヤーの言動に感動して涙が出そうになった。

            感謝と謙虚さ。相手を讃える素直な心。

            そして忍耐。

             

            わずか数分の二人のインタビューには、その4つの要素がすべてつまっていたように思う。

             

            チャンピョンとはこういう人のことを言うのだろう。

             

            大阪選手は、ちゃめっけのある天然プレーヤー的な印象があったが、わずか二十歳にして大物。

             

            大阪選手とセリーナ選手に拍手。

             

            是非、編集なしの二人のインタビューをご覧ください。

            2018 US  Open Trophy Ceremony

             

             

             

             

             

             

             

             

            | マーサメリー | 01:47 | comments(0) | - | - | - |
            ブログも頑張りますっ!
            0

              FBなどに投稿して、ついついブログは手薄になって数年…😱。

              こんな私のブログでも気にして遊びに来てくださっている方々がいらっしゃるとは、本当にありがたいことです。

               

              頑張って更新して参りますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します!

               

               

               

               

              | マーサメリー | 20:25 | comments(0) | - | - | - |
              覚悟
              0

                優れたアスリートは、スケートの小平選手にしろ、羽生選手にしろ、相当の覚悟を持って日々鍛錬し、金メダルを勝ち取ったことは記憶に新しい。

                また、そうでなければあの結果はなかったのだ。


                その覚悟とは、オリンピック選手、つまりはトップ・アスリーツのものだろうか。


                私は何を覚悟するのか。

                | マーサメリー | 13:52 | comments(0) | - | - | - |
                ウクレレ奏者 Katz Seijiさん
                0

                  ウクレレ奏者のKatz  Seijiさんとのライブが決定。

                  彼のウクレレ演奏技術はもちろんのこと、ウクレレの可能性をどんどん広げるアイデアにワクワク!

                   

                  ライブのことについて色々とご相談。

                  話を進めていくうちに、なんと昔からご縁があったことを発見。

                   

                  同じ時期にNew Yorkにいたり、共通の知り合いがいたり。

                  遠くて近くに、近くて遠くにいて、今はこうやってお仕事をさせていただけるご縁。

                  不思議だなぁ。

                  悪いことはできませぬ(笑)

                   

                  ご縁の尊さをありがたく思います。

                   

                  7月いっぴ。赤坂はNovember-Eleventh Part 2 1111で。

                   

                  詳細は近日中にアップします!

                  | マーサメリー | 23:44 | comments(0) | - | - | - |
                  目の前のことに感謝する
                  0

                    礼拝の中の祈りで、牧師先生が目の前にあることへの感謝の祈りを捧げました。

                    それは、今日1日無事に過ごせたことへの奇跡、食卓にご飯が並ぶまでに関わった全ての人々の労力への感謝の言葉でした。

                     

                    私たちが当たり前と思っていたことが、実は当たり前でないことへの気づきの祈りに感銘。

                     

                    今週1週間は、目の前にあることへの感謝の気持ちを持ち続け過ごしたいと思います。

                     

                     

                     

                    | マーサメリー | 00:31 | comments(0) | - | - | - |
                    人に歴史あり、歴史に音楽あり
                    0

                      今日は、通夜の祈りのオルガン奏楽奉仕をした。

                      献花の時の奏楽曲を選んでいる最中に、聖歌を弾こうと思い立ち、何曲か選出。教会で牧師に確認をすると、ご遺族からリクエストがあるとのこと。それは、日曜学校でよく歌う「空の鳥は」だった。故人の方は、日曜学校に思い出があり、可愛く優しい曲がお好きだったそうだ。

                      急遽、献花時の奏楽予定だったバッハは前奏に変更、「空の鳥」をメインにアレンジを加えながら弾くことにした。

                      昨年は、別の方の通夜の祈りで「うるわしの白百合」を弾いた。それは、 そのご家族の伝統の歌だと言う。

                      たった1曲から垣間見る人生のひとこま。

                      人に歴史あり、歴史に音楽あり。






                      | マーサメリー | 23:47 | comments(0) | - | - | - |

                      Calendar

                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>

                      Profile

                      Recommend

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Trackback

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode