Page: 2/79  << >>
幸せな1日を!
0

    今日も健康で幸せな24時間をお過ごしくださいますように。

    どんなことも全て楽しいことに変わりますように。楽しいことはスーパー楽しくなりますように!

     

     

     

     

    | マーサメリー | 02:16 | comments(0) | - | - | - |
    喜びの連鎖
    0

      この1週間、喜びの連鎖を体験した。

       

      母の日を前に、友人からカーネーションの鉢植えが母宛に届いた。

      良質のピンク・カーネーション。

      母は喜び、お礼に季節のカードを買ってお礼状として出した。

      それは切り絵のようなカード。昔の日本の家で、縁側にはスイカ、豚さんの蚊取線香、お庭には竹垣。竹垣には一面の朝顔。

      しかも両面!これは私ももらいたい(笑)。

      その方から喜びのお礼の電話がかかってきたことは言うまでもない。

       

      その母の日に、親戚から電話。

      裏山で掘りたての筍を送るね、と。

      翌日の夕方、ちょうどご飯の支度の時間に届いた。

      蓋をあけると、とても柔らかく思わず味見。これは美味しい!たくさんいただいたので早速友人におすそ分け。

      その二日後、「めちゃくちゃ美味しかった!」との感想が届いた。嬉しい!(私が茹でたわけではないけれど)

       

      同じく母の日。

      赤坂でスティールパンのライブ。なんと45席ほどの広さのライブ・ビストロにリーダーの原田芳宏さん率いるPanorama Steel Orchestraが入った。50名ほどメンバーから先鋭奏者たちが集結した。

      ライブは満席。オーナーの宇崎竜童氏&阿木燿子氏も観に来てくださった。嬉しい!

       

      仕事でお世話になっている方から化粧品の一式セットをいただいた。

      せっかく頂いたのだから使ってみよう、と使用して1週間。

      これがまた予想以上に良い!

       

      明日は、私もだれかにほんの少しの喜びを分け合うことができますように。

       

      このブログを読んでくださっている皆さんに、楽しいことがたくさん起こりますように!

       

       

       

       

       

       

       

       

      | マーサメリー | 02:11 | comments(0) | - | - | - |
      Just a cup of coffee
      0

        Went out shopping at night for Chaplin to get some cat food that he loves.

        But actually, that was for me as well.

        When I parked, I got to see the beautiful full moon.

        It was sparkling!

        Then I grabbed a cup of coffee and had it in my car.

        It was a nice moment.

         

        Just a cup of coffee gave me a tranquil time.

        I think that was what I needed.

         

        Just a few minutes for myself.

         

         

         

        | マーサメリー | 00:55 | comments(0) | - | - | - |
        自分を信じること
        0

          「自信」とは、「自分を信じる」と書く。

          当たり前のことを気がついた。

           

          自分を信じなければ何も始まらない。

          | マーサメリー | 00:44 | comments(0) | - | - | - |
          gentleであること
          0

            今日の午後は、まちのお仕事。

            まちの憲章運営委員会に出席した。

             

            諸先輩方は皆さん紳士で素敵な方が多い。物の言い方が穏やかでとても勉強になる。

            よくgentlemenというが、gentle の意味は、「優しい」「柔和な」「上品な」「穏やかな」「もの柔らかな」と辞書にある。

             

            さすが社会に長年貢献されてきている方々だけあって、gentleさを持った会議運営は良いなぁと思う。

             

            gentleであるということは、まず場の空気を乱さない。

            相手の話をよく聞く環境を作る。発言しやすい環境を作る。

            心の余裕も感じ取られ、気持ちも楽だ。

             

            私も常にgentleでありたいなぁ、と思う。

            自分がまだまだひよっ子だと実感。


             

             

             

             

             

            | マーサメリー | 01:40 | comments(0) | - | - | - |
            2019年6月22日(土)チチクリギターズ チチクリ催事場2019 " 夏公演"
            0

              チチクリギターズ  夏の催事場のご案内〜!

              レモンの黄色と水のブルー。涼しそう。そして美味しそう?なフライヤーが植木さんより届きましたので早速アップしました。いらしてね!

               

              | マーサメリー | 02:33 | comments(0) | - | - | - |
              自分を認める
              0

                令和の時代。最初の気づきは「自分を認める」ことでした。

                過去の自分、あるいは今の自分のどこかを好きになれないと何かに行き詰まってしまう。

                そう気がついたのはつい最近です。

                 

                あの過去のあの時代はなかったことにしたい。

                 

                そう無意識のうちに思っていたことは心深くに浸透していたのだと思います。

                 

                誰も完璧な人間ではなく、誰も完璧な人生は送っていません。

                 

                ようやく私は、「自分を認める、好きになる」ということがどういうことだか少しだけ気がつき始めたように思えます。

                 

                「自分を認める」ということは、今まで自分が行ってきたこと全て「あぁ、あの時はこういう考えをすればよかった」なんて振り返れば後悔する自分を「ていうか、自分自身の成長の旅路のあのワンステージでは、あまりにも未熟な自分は恥ずかしいけれどやはりあの時の私はああだったし、あの時があったから今があり、周りへの感謝の気持ちで心がいっぱいになる今の自分がいる」と思えることではないかと考えます。

                 

                それが「自分を認める、受け入れる」という言葉に変換できると感じています。

                そしてそんな自分を好きになれた時、初めて心の隙間が埋められ、穏やかな気持ちでいられるのです。

                少なくとも私はそうです。

                 

                春の柔らかな優しい光を木々の間から浴びながら、新緑のエネルギーを感じるがごとく、自分を好きになる。

                 

                自分を認めることと好きになることは、どちらが最初ということはなく、同時に起こることかもしれません。

                 

                そんなことにある日突然気がついた私です。

                 

                 

                 

                 

                 

                | マーサメリー | 20:55 | comments(0) | - | - | - |
                自分を好きになること
                0

                  2月〜4月、伊藤みどりさんによる広報セミナーの3ヶ月間個人セッションを受けました。

                   

                  まずはプロフィールの見直しからスタート。

                  私は会社勤めの経験がほとんどなく、ある時、どーーーーーーーん!と仕事が与えられてきたという人生を歩んできています。

                  とにかく、ある日突然、どーーーーーーーーーーん!です。

                  その時に与えられた仕事を私なりになんとか頑張ってきたつもりでしたが、振り返れば、そこにお恥ずかしい位未熟な私がいて、時間を巻き戻すことができるのであれば戻したいほどなのですが。。。f^^;;

                   

                  そのようなわけでプロフィールが長くなりがち。どこを端折るかは悩みどころです。

                  プロフィールを改めて作成し直してみると、途中で筆が進まなかったり、他の方達は、どのようにプロフィールを書いているのかな?と比べてみたり。

                   

                  そこで、はたと気がつきました。

                   

                  果たして私は自分自身を好きなのか?

                  果たして私は自分自身に向き合っているのか?

                  果たして私は自分が選んだ道を誇りを持って進んできたのか?

                   

                  なぜ私は他の方々のプロフィールを参考にしようとしながら比べているのだろうか。

                  全く違う人生を歩んできているのに、なぜ同じような感じにしようと自分を型に押し込めようとしているのかと。

                  型に押し込めることができない自分に、なぜ嫌気がさしてしまうのだろうかと。

                   

                  長くなってもいいじゃない?

                  自分が歩んできた道にもっと誇りを持ってもいいじゃない?

                   

                  型にはまることのできない自分を好きになって、認めてもいいじゃない?

                   

                  心が少しほぐれてきたような感じがしています。

                   

                  プロフィールは自分の説明文。

                  自分の歴史を語ることなのですね。しつこくない程度に。(笑)

                  なにせ読んでいただかなくてはいけませんから。(笑)

                   

                  プロフィール作成は自分を好きになること。

                   

                  そう気がついた5月1日 水曜日。令和時代の幕開けの日。

                   

                   

                   

                  | マーサメリー | 19:39 | comments(0) | - | - | - |
                  平成から令和へ
                  0

                    令和時代に向けてあと残すところ約10分となりました。

                     

                    テレビをつけることなく静かにこのブログを書こうと思いましたら、黒猫のザビエルが飛んできてキーボードを打つ手を舐めたりしていてなかなか捗りません。(笑)

                     

                    平成はあっという間に過ぎました。

                    平成がスタートした時には、まだニューヨークに住んでおり、ニューヨーク最新ロックガイド「Rockin' Guide of New York」を執筆、発売されました。出版社はシンコー・ミュージックさん。紀伊国屋や地元の本屋さんで自分が書いたガイドブックが平積みされていた光景はなんとも不思議でした。

                    そして甲斐よしひろさんのツアー通訳として日本に数ヶ月間戻ってきていた頃でもあります。

                    これらの仕事は、声を掛けてくださった方々がいらっしゃったおかげだと振り返ってつくづく思います。、

                     

                    基本はやはり、人と人とのつながり、ご縁。

                    平成から令和になっても、このことを忘れず、さらに人様との繋がりを大事に大事にしていきたいと思います。

                     

                    この31年間、天皇陛下、皇后陛下の国民への、そして日本という国への深い愛情、弱き者に寄り添い心を重ね続けてきた両陛下に深い敬意を払うと同時に、その真摯なお考え、物事を正面から受け止め、認める心の器の大きさに感動を覚えています。

                    そして両陛下、そして両陛下から受け継ぐ皇太子殿下、雅子妃殿下のために祈ります。

                     

                    時はどんな時にもどんな人にも平等に流れていきます。

                     

                    きっといつもと同じように時計の針が12:00amを周り、猫たちはそれぞれのお気に入りの場所で寝ていることでしょう。

                    それが時代が変わるということではないでしょうか。

                    何事もなく変わっていく。

                     

                    私は変わることなく、「隣人を愛する」「目の前にいる人のために祈れる」人間でありたいと思います。

                     

                    このブログを読んでくださっている皆さんのご健康と心の平安をお祈りします。

                     

                     

                    | マーサメリー | 23:59 | comments(0) | - | - | - |
                    共鳴し合う
                    0

                      教会の鐘が鳴り響くように

                      たくさんの個性が響きあえれば

                      この世の中はどのように変化するだろう。


                      教会の鐘、異なる音が連なり、倍音が空に溶け込みながら天にすぅーっと消えたら

                      私達は何を感じるだろう。


                      今日は、 November 11th。

                      チチクリギターズのライブです。

                      長年のお付き合いのお二人と、そしてお店のスタッフと、お客様と共鳴し合えるように意識を向けたいと思います。

                      結果はこのブログでご報告いたします。


                      今日も隣人を愛する精神で!

                      何かが少しずつ変わってきている実感があります。


                      このブログを読んでくださってありがとうございます。皆さんに楽しいことがありますように! 10連休の方もそうでない方もお元気でお過ごしくださいね!

                      | マーサメリー | 03:21 | comments(0) | - | - | - |

                      Calendar

                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      Profile

                      Recommend

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Trackback

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode