Page: 2/223  << >>
お茶目が過ぎた絵音
0

    ちょっと変な予感がしたのでお風呂場へ。

    同時にすごい勢いで絵音が飛び出て来た。


    お風呂場を覗いて見ると湯船が揺れている。

    きゃあ!

    廊下は、絵音が走った後に水の跡。


    そう、お風呂に入ってしまったのでした!

    よく前足をかけて湯船を覗いていましたが、まさかの勢いあまったのか!

    後ろ足としっぽがびしょびしょ。ドボンと落ちないだけよかった。ほっ。 


    お風呂場のドアはしっかり閉める、が鉄則。


    写真は水をなめる絵音。

    タオルで拭いたんだけどな。





    | マーサメリー | 22:15 | comments(0) | - | - | - |
    満席御礼!5月12日 Yoshihiro Harada's Pan World Vol.2 Panorama Steel Orchestara
    0

      | マーサメリー | 02:59 | comments(0) | - | - | - |
      2019年6月22日(土)チチクリギターズ チチクリ催事場2019 " 夏公演"
      0

        チチクリギターズ  夏の催事場のご案内〜!

        レモンの黄色と水のブルー。涼しそう。そして美味しそう?なフライヤーが植木さんより届きましたので早速アップしました。いらしてね!

         

        | マーサメリー | 02:33 | comments(0) | - | - | - |
        自分を認める
        0

          令和の時代。最初の気づきは「自分を認める」ことでした。

          過去の自分、あるいは今の自分のどこかを好きになれないと何かに行き詰まってしまう。

          そう気がついたのはつい最近です。

           

          あの過去のあの時代はなかったことにしたい。

           

          そう無意識のうちに思っていたことは心深くに浸透していたのだと思います。

           

          誰も完璧な人間ではなく、誰も完璧な人生は送っていません。

           

          ようやく私は、「自分を認める、好きになる」ということがどういうことだか少しだけ気がつき始めたように思えます。

           

          「自分を認める」ということは、今まで自分が行ってきたこと全て「あぁ、あの時はこういう考えをすればよかった」なんて振り返れば後悔する自分を「ていうか、自分自身の成長の旅路のあのワンステージでは、あまりにも未熟な自分は恥ずかしいけれどやはりあの時の私はああだったし、あの時があったから今があり、周りへの感謝の気持ちで心がいっぱいになる今の自分がいる」と思えることではないかと考えます。

           

          それが「自分を認める、受け入れる」という言葉に変換できると感じています。

          そしてそんな自分を好きになれた時、初めて心の隙間が埋められ、穏やかな気持ちでいられるのです。

          少なくとも私はそうです。

           

          春の柔らかな優しい光を木々の間から浴びながら、新緑のエネルギーを感じるがごとく、自分を好きになる。

           

          自分を認めることと好きになることは、どちらが最初ということはなく、同時に起こることかもしれません。

           

          そんなことにある日突然気がついた私です。

           

           

           

           

           

          | マーサメリー | 20:55 | comments(0) | - | - | - |
          自分を好きになること
          0

            2月〜4月、伊藤みどりさんによる広報セミナーの3ヶ月間個人セッションを受けました。

             

            まずはプロフィールの見直しからスタート。

            私は会社勤めの経験がほとんどなく、ある時、どーーーーーーーん!と仕事が与えられてきたという人生を歩んできています。

            とにかく、ある日突然、どーーーーーーーーーーん!です。

            その時に与えられた仕事を私なりになんとか頑張ってきたつもりでしたが、振り返れば、そこにお恥ずかしい位未熟な私がいて、時間を巻き戻すことができるのであれば戻したいほどなのですが。。。f^^;;

             

            そのようなわけでプロフィールが長くなりがち。どこを端折るかは悩みどころです。

            プロフィールを改めて作成し直してみると、途中で筆が進まなかったり、他の方達は、どのようにプロフィールを書いているのかな?と比べてみたり。

             

            そこで、はたと気がつきました。

             

            果たして私は自分自身を好きなのか?

            果たして私は自分自身に向き合っているのか?

            果たして私は自分が選んだ道を誇りを持って進んできたのか?

             

            なぜ私は他の方々のプロフィールを参考にしようとしながら比べているのだろうか。

            全く違う人生を歩んできているのに、なぜ同じような感じにしようと自分を型に押し込めようとしているのかと。

            型に押し込めることができない自分に、なぜ嫌気がさしてしまうのだろうかと。

             

            長くなってもいいじゃない?

            自分が歩んできた道にもっと誇りを持ってもいいじゃない?

             

            型にはまることのできない自分を好きになって、認めてもいいじゃない?

             

            心が少しほぐれてきたような感じがしています。

             

            プロフィールは自分の説明文。

            自分の歴史を語ることなのですね。しつこくない程度に。(笑)

            なにせ読んでいただかなくてはいけませんから。(笑)

             

            プロフィール作成は自分を好きになること。

             

            そう気がついた5月1日 水曜日。令和時代の幕開けの日。

             

             

             

            | マーサメリー | 19:39 | comments(0) | - | - | - |
            平成から令和へ
            0

              令和時代に向けてあと残すところ約10分となりました。

               

              テレビをつけることなく静かにこのブログを書こうと思いましたら、黒猫のザビエルが飛んできてキーボードを打つ手を舐めたりしていてなかなか捗りません。(笑)

               

              平成はあっという間に過ぎました。

              平成がスタートした時には、まだニューヨークに住んでおり、ニューヨーク最新ロックガイド「Rockin' Guide of New York」を執筆、発売されました。出版社はシンコー・ミュージックさん。紀伊国屋や地元の本屋さんで自分が書いたガイドブックが平積みされていた光景はなんとも不思議でした。

              そして甲斐よしひろさんのツアー通訳として日本に数ヶ月間戻ってきていた頃でもあります。

              これらの仕事は、声を掛けてくださった方々がいらっしゃったおかげだと振り返ってつくづく思います。、

               

              基本はやはり、人と人とのつながり、ご縁。

              平成から令和になっても、このことを忘れず、さらに人様との繋がりを大事に大事にしていきたいと思います。

               

              この31年間、天皇陛下、皇后陛下の国民への、そして日本という国への深い愛情、弱き者に寄り添い心を重ね続けてきた両陛下に深い敬意を払うと同時に、その真摯なお考え、物事を正面から受け止め、認める心の器の大きさに感動を覚えています。

              そして両陛下、そして両陛下から受け継ぐ皇太子殿下、雅子妃殿下のために祈ります。

               

              時はどんな時にもどんな人にも平等に流れていきます。

               

              きっといつもと同じように時計の針が12:00amを周り、猫たちはそれぞれのお気に入りの場所で寝ていることでしょう。

              それが時代が変わるということではないでしょうか。

              何事もなく変わっていく。

               

              私は変わることなく、「隣人を愛する」「目の前にいる人のために祈れる」人間でありたいと思います。

               

              このブログを読んでくださっている皆さんのご健康と心の平安をお祈りします。

               

               

              | マーサメリー | 23:59 | comments(0) | - | - | - |
              共鳴し合う
              0

                教会の鐘が鳴り響くように

                たくさんの個性が響きあえれば

                この世の中はどのように変化するだろう。


                教会の鐘、異なる音が連なり、倍音が空に溶け込みながら天にすぅーっと消えたら

                私達は何を感じるだろう。


                今日は、 November 11th。

                チチクリギターズのライブです。

                長年のお付き合いのお二人と、そしてお店のスタッフと、お客様と共鳴し合えるように意識を向けたいと思います。

                結果はこのブログでご報告いたします。


                今日も隣人を愛する精神で!

                何かが少しずつ変わってきている実感があります。


                このブログを読んでくださってありがとうございます。皆さんに楽しいことがありますように! 10連休の方もそうでない方もお元気でお過ごしくださいね!

                | マーサメリー | 03:21 | comments(0) | - | - | - |
                運を上げたい時に
                0

                  目の前の小さな欲望を捨てましょう!


                  一つ一つに愛を持って行動しましょう!

                  自分を大切にしましょう!

                  そして周りの人たち、動物たち、植物たちも大切にしましょう!


                  運を上げたいのは何故でしょうか?

                  お金が欲しいからでしょうか?


                  お金はあったに越したことはありませんね。

                  私も実は、収入アップしたいです。(笑)


                  でもその前に当たり前のことを大事にすること。そこから始めてみたいのです。


                  一つ一つに愛を込めると

                  自然に


                  ありがとう。


                  この言葉が、そしてこの思いが湧き上がってきます。


                  その時にほんの少しの嬉しいことが起きてきます。

                  ほんの少しの嬉しいことは、自分の心にたくさんの幸せな気持ちを与えてくれます。


                  それで充分ではないでしょうか。


                  心が枯れないようにしましょう。


                  今日もこのブログを読んで下さってありがとうございます。皆さんに嬉しいことがありますように!




                  | マーサメリー | 12:47 | comments(0) | - | - | - |
                  伝えたい一言
                  0

                    ずっと心に秘めている一言はありますか?

                    あの時のことを思っていて

                    「ありがとう」と言いたかったのに言えなかったね。


                    そんなふうに思うことがありませんか?


                    きっと他の誰かもあなたのことを思って

                    「ありがとう」と心の中で言っているかもしれません。


                    心の中にしまうのもいいけれど、こんな素敵な言葉はやっぱり伝えたいと思います。


                    いつか伝えられたらいいですね。

                    | マーサメリー | 23:32 | comments(0) | - | - | - |
                    伝えたい一言
                    0

                      ずっと心に秘めている一言はありますか?

                      あの時のことを思っていて

                      「ありがとう」と言いたかったのに言えなかったね。


                      そんなふうに思うことがありませんか?


                      きっと他の誰かもあなたのことを思って

                      「ありがとう」と心の中で言っているかもしれません。


                      いつか伝えられたらいいですね。


                      心の中にしまうのもいいけれど、こんな素敵な言葉はやっぱり伝えたいと思います。


                      | マーサメリー | 23:30 | comments(0) | - | - | - |

                      Calendar

                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>

                      Profile

                      Recommend

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Trackback

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode