Page: 2/207  << >>
お誕生日メッセージありがとうございました!
0

    image1.JPG

    22日には、たくさんのお祝いメッセージをありがとうございました!
    お誕生日前はひとつ歳を取ってしまうのかなぁ、なんて思っていましたが、なんのなんの、

    お祝いして頂くと嬉しいものですね!
    朝一のお忙しい中、わざわざバラの花束を届けて下さった方もいらして、心ほんわかしました。

    写真は頂い花束と、バラが大好きなレンカ。


    今日から心新たにみなさまのお役に立てられるように、頑張りまーす!
    今後ともよろしくお願いいたします!


    Sent from my iPhone

    | マーサメリー | 11:57 | comments(0) | - | - | - |
    Bob Dylan ノーベル文学賞受賞に思う
    0

      Bob Dylan のノーベル文学賞受賞には驚いたが、これは新たな価値観を世界に示した改革のように思える。(大げさかな?)

       

      彼の音楽に初めて触れたのは高校生位の時。それは「ハリケーン」だった。 アメリカ合衆国のボクサー、ルービン・カーターについての長い長い曲。3人の白人を殺したとして逮捕されたが冤罪を主張。緊迫感のあるその歌は、訴える力が強く、まるで小説を読んでいるかのごとくに感じられた。学校から帰り、勉強もせずにこの曲を何回も何回も聞き入ったことはよく覚えている。

       

      ノーベル賞受賞云々は置いておいて。

       

      私がまだHow many とanswer位しか聞き取れなかった頃、 "Blowin' in the Wind" を聞く度に、牧師のお説教みたいな歌だなと思った。特に彼の歌声がそう聞こえてくるのかなぁと思う。この名曲は多くのミュージシャンがカバーをしてきているけれども、でもBob Dylan でなければそのようには聞こえないから不思議だ。
      もしかしたら、「いつも神様はみ言葉を風に乗せてまいていらっしゃる」とどこかで思っていることが、彼の声と私が求めている何かの波長があったのかもしれないし、ただの思い込みかもしれないし。

      (ディラン・ファンのみなさま、勝手な私見、お許しを。)

       

      時代は変わった。

      Dylan, おめでとう。

      既存の価値観、おさらば!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      | マーサメリー | 01:05 | comments(1) | - | - | - |
      ウクレレ・ライブ at Islands Cafe
      0

         

        Yutaさんと高橋重人さんのウクレレ・ライブに行って参りました。一曲ずつエピソードを紹介しながら交代で演奏。

        それぞれのエピソードや秘話に感心しながら聴き入った2時間でした。

        演奏曲も幅広く、時にウクレレは、湧き上がる生命の泉のようであり、私達を照らす月の光のようであり、密度濃い、

        素晴らしい演奏会でした。

        アンコールで口笛の世界チャンピョンの分山貴美子さんが飛び入りで演奏され、大盛り上がり!

        口笛はオペラ歌手のように美しかったですよ❣

         

        会場は、自由が丘駅前にある自由が丘デパート 2FにあるIslands Cafe。昭和の香りするこの自由が丘デパート。

        結構気に入ってしまいました。オーナーはとても感じの良い方。(^^) また訪ねてみたいです。

        ありがとうございました世界チャンピョンの演奏を目の前で見ることができて幸せ!

        | マーサメリー | 20:49 | comments(0) | - | - | - |
        神秘的な笛、火の月の演奏会
        0

          Native American Flute奏者のマーク・アキクサさんによる演奏会が

          2016.12.2に赤坂november-eleventh で開催されます。

           

          タイトルの「夜の火の月の演奏会」、気になります。

          マークさんにオンライン・インタビューで色々お伺いしたいと思っています。

           

          会場からお題をいただき演奏する即興。

          ギターの太田さん、パーカッションのよしうらさんとの内なるリズムとの掛け合いが

          見所、聴きどころでもあります!

           

           

           

          | マーサメリー | 18:22 | comments(0) | - | - | - |
          Jazzの歌姫、Ryu MihoさんLive at november- eleventh!
          0

            Whisper voiceを持つジャズの歌姫、Ryu Mihoさんと久々のお仕事。嬉し楽し!

            Mihoさんをイメージした小さな前菜付きです。(^^)

            11月2日(水)OPEN 6:00pm / START 7:30pm

             

            どんなご質問でもご予約でも、お気軽にご連絡くださいませ。

            info@masmary.com

             

             

            | マーサメリー | 15:01 | comments(0) | - | - | - |
            癒し猫〜この寝顔に癒されます&#128157;
            0
              image1.JPG
              | マーサメリー | 20:44 | comments(0) | - | - | - |
              手作り手帳
              0

                台風続きで雨模様のお天気から一変、今日は夏のような強い日差し。

                なのに、9月下旬。来年の手帳、カレンダーが店頭に、Web shopに並ぶ時期となりました。

                メルマガ頂いて、あれこれネットで眺めてみても、探してみても、中々気に入る手帳がありません。

                 

                いいな、と思っても月曜始まり。

                日曜始まりは中々お目にかかりません。

                 

                (そういえば毎年、しぶしぶ月曜始まりのリフィルを買ってたなぁ。。。。)

                 

                週の始まりは日曜日と思っている私にとって月曜始まりは、中々どうして使いづらい。ほんとに。

                 

                今の手帳はとても凝っていて、様々な工夫がされていたり、個性豊かな手帳がどんどん増えているように思います。

                 

                でも、「果たして手帳に個性はいるのか?」

                 

                と思うのです。

                 

                中にはご丁寧に手帳の使い方マニュアルなるメルマガを送ってくださる会社もあります。

                 

                それはそれでどなたかの役に立っているでしょうから、否定は決していたしませんが、色々と考えてみて探してみて、辿り着いた結論は、

                 

                「来年のことは自分で描く」

                 

                「それならば!」と、近所の文房具屋さんに行ってお気に入りの大きめのノートを買い、2Bの鉛筆と赤鉛筆、消しゴム、携帯用鉛筆削り、そして眺めの定規で取り掛かりました!来年のカレンダー。

                 

                色々と書き込めるように、ゆったりめに枠を取り、ひたすら線引き。

                赤鉛筆は日曜日と祝日のために。

                 

                2時間かかって12ヶ月分、完了です!

                 

                これからどんどんと自分なりの工夫を加え、my 手帳として機能するように息を吹き込みたいと思います。

                 

                シンプルなmy 手帳。

                来年のことをあれこれ考え、豊かにしていければと思います。

                 

                だって豊かに生きたい!心豊かに!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                | マーサメリー | 01:45 | comments(0) | - | - | - |
                はるのまいさんの10月1日ファンクラブ・イベント打ち合わせ
                0

                  10月1日開催の「はるのまいさんのファンクラブ・イベント、"Mai's Room 2016"」の打ち合わせを

                  行いました。昨年、november-eleventh1111 Part 2で第一回目のファンクラブ・イベントを開催され、

                  早くも2回目です。月日の経つのは早いですね。さて、写真は、暑さと雨が心配なとある日、はるの

                  まいさんとプロデューサーの小川さんとの三人での打ち合わせ風景です。赤坂Biz Towerで、雨風知らず、

                  暑さ知らずのひと時を過ごした私たち。前回のイベントを思い起こしながら、今回は

                  「さらに楽しく、さらにより良く!」ということで、2時間ほどたっぷりお話しました。楽しかった!

                   

                  そして、10月1日まで、4のつく日に、はるのまいさん関連の投稿をすることにいたしましたので

                  よろしくお願いいたします! 9月4日、14日、24日です!

                  ちなみに、なぜ、4のつく日かといいますと・・・はるのまいさんのお誕生日月!4月生まれの4です。

                  ますますダイアモンドのように輝いていってほしいです。(^^)

                   

                  可愛らしく、謙虚で、しかも芯のある、はるのまいさんのサイトはこちら

                   

                  | マーサメリー | 21:24 | comments(0) | - | - | - |
                  2016年10月1日(土)はるのまい「Mai's Room」ファンクラブイベント 2016   
                  0

                    伸びやかな声、飾らない言葉が魅力の、はるのまいさん。

                    november-eleventhに約1年ぶりに登場です!

                    今回も会員限定ファンクラブイベント。

                    普段とは違う、まいさんのライブになりそうですよ!(^^)

                     

                    はるのまい「Mai's Room」ファンクラブイベント 2016   

                    会場:november-eleventh1111 Part 2(東京・赤坂)

                     

                    会員限定ライブ。詳細は主催者までお問い合わせください。

                     

                    〜お知らせ〜

                    4のつく日に、はるのまいさん情報をアップします。

                    お楽しみに〜!

                    8月24日、9月4日、14日24日が投稿日〜。

                     

                    | マーサメリー | 14:05 | comments(0) | - | - | - |
                    音によって繋がれて
                    0

                      教会の友が天国に戻られました。つい2ヶ月ほど前に教会報に寄稿をされていたばかりなので信じがたいことでした。

                      今日はその方のために個人的にオルガン奏楽をお捧げしたいと教会に行ったところ、ご家族の方が集まり

                      お棺の周りにはお孫さん達が、集会室ではお嬢さん達と息子さんが打ち合わせをされていました。

                      家族水入らずの時に、どうしようかと思いましたが、お通夜と葬送告別式に出席できるかどうか難しいので

                      彼女のためにオルガンを弾かせて頂ければありがたいとお伝えしました。

                      ご主人様とお嬢様は快諾をしてくださり、中へ。

                      彼女にご挨拶の祈りをした後、ご家族に彼女の愛唱歌のひとつである「マラナタ」を、と言いかけたら、お嬢さん達が

                      「一緒に歌いましょう」とおっしゃってくださり、急遽聖歌集を取り出し、260番を歌うことに。と、その時、司祭が礼拝堂に入ってこられたではありませんか!何というタイミング!

                      司祭にも加わって頂きみなで歌いました。私は1曲だけのつもりだったのですが、その後3曲歌い、そしてマラナタの奏楽曲も聴いてくださいました。聖堂にはご家族と司祭の美しい歌声が響きわたり、聖歌によって私たちは交流をした、その思いで満たされました。神様の恵みはいつどんな時でもあるのだとも実感。J子さんの魂の平安をお祈りいたします。

                       

                       

                       

                       

                      | マーサメリー | 01:51 | comments(0) | - | - | - |

                      Calendar

                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      Profile

                      Recommend

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Trackback

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode