Page: 1/1   
テネシー・ワルツ〜私のベスト3
0
    舞台「テネシー・ワルツ」では名曲をたくさん聞く事ができる。

    素敵な曲の中から、今日の私のベスト3はこれ!
    (ベスト3の定義:気がついたら頭の中をこの曲が始終流れています)

    1. ヴァイア・コン・ディオス
    2. ジャンケン娘
    3. 青いカナリア

    注)ベスト3は日によって変わります〜。

    この公演も残すところあと3日。
    今は九州に滞在だ。

    台風大丈夫かなぁ。
    | マーサメリー | 13:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    テネシー・ワルツ
    0
      関内ホールでのテネシー・ワルツを観た。
      昨年はシアター・アプルで2回。
      今年は関内と3回目だ。
      何回みてもいい作品だなぁ〜。

      タップの中野ブラザーズ役として出演をしている松本さんと加藤さんは、前回よりもひとまわりもふたまわりも成長していて、堂々と演じていた。

      主役の島田歌穂さんの歌唱力たるや素晴らしい。
      歌声、ダンス、笑顔、すべてが素敵!
      一音一音を大切にされていて、それはまるでメロディや歌詞を手の中にそっと抱き締め暖めて歌っているようだ。

      音楽監督の島健さん。
      ピアニスト、アレンジャーとしてその名を知らない人はいない位有名な方だ。
      彼のアレンジも粋だなー!

      唐獅子牡丹。
      何度聞いてもぐっと来る。
      去年も同じ事を書いたっけ。

      下條アトムさんも、あ〜素敵。

      見どころがたくさんあり過ぎる!
      加藤さんのブログで「一流のスタッフがいつも舞台を用意してくれる」と書いているのが頷ける。役者さん達、ミュージシャン達、そして見えない人達の大きな支えが作品を作っていくのだなぁ、とつくづく思う。




      | マーサメリー | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      テネシー・ワルツ〜江利チエミ物語3
      0
        千秋楽の20日。
        泣きました。

        中野ブラザーズ役の松本さんと加藤君の健闘ぶりに
        よく怪我もなくここまで来れたと
        立派にこなせてきたと
        彼らの努力を思うと、じ〜〜ん。
        第1幕で既に涙。

        島田歌穂さんの歌声にすっかり魅了された。
        毎日(時には3日連続2ステージ)歌って踊ってお芝居をして、ものすごい体力の消耗だろうに、多分それは全くの素人考えかもしれない。
        艶のある声はもっと艶やかに。
        情感たっぷりに歌い上げられ、ここでもじ〜〜ん。

        TENNESSEE WALTZ, VAYA CONDIOS, EL CUMBANCHEROが頭から離れない。

        島田歌穂さんはもちろんのこと、出演者の方々の歌唱力の素晴らしさは、幕が上がる前から「リハで涙が出る位みなさん凄い」と、加藤君から聞いていたが、本当に素晴らしかった。

        久野綾希子さんはもっともっと美空ひばりさんに近付いていて、絵麻緒ゆうさんの「青いカナリヤ」もキュートで魅力的。
        アンサンブルも輝いていて、特に神崎さんに釘付けになった。

        そして忘れてはならないのが、音楽監督の島健さん。
        彼はまさに陰の主役ではなかっただろうか。
        島さんは、ジャズ・ピアニストのみならず、サザン・オールスターズの弦楽器アレンジでも有名だ。その彼のストリング・アレンジメントが「唐獅子牡丹」で聞けた。
        オオ!これはまさに島さんだ!「イヨッ、島さん!カッコイイ!!」と心の中で繰り返す。

        場面ごとに見事なまでに音で時代を、そして心情を表現される力。
        「音楽は力」とはまさにそう。

        バンドも素晴らしかった。
        特にDrumsの萱谷亮一さんは、あるコンサートでマリンバを中心とした打楽器を自由自在に操られている姿を拝見して以来、秘かに注目(と言っても既に有名)していたので、パンフでお名前を見つけた時は、思わずYeah!
        チャイムの音が特に綺麗で、耳が反応!聞き耳を立てる

        しかし何と言っても、幕が降りた後の、心に残る暖かさが何とも言えない。
        つたない言葉で精一杯表現するのであれば、それは、

        この舞台が江利チエミさんへの尊敬と愛で溢れていたから。

        少なくとも、私はそう信じている。


        ラブ拍手祝
        | マーサメリー | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        江利チエミ物語〜テネシー・ワルツ 2
        0
          「江利チエミ物語〜テネシー・ワルツ」を見た。

          なんと心が暖かくなるミュージカルなのでしょうか!

          「天才ジャズ少女」と言われた江利チエミさんの才能の素晴らしさ
          江利チエミさんのお人柄
          時代を築いた三人娘の友情
          父親の愛

          当時に遡り追体験をしたようなそんな感覚。
          舞台と観客の隔たりがない、とはこういうことなのかなって。

          当時の名曲もたっぷり聞ける。
          圧巻は江利チエミさん役の島田歌穂さんの歌唱力!
          声を通じて想いを遠くに馳せる。

          中野ブラザーズ役の松本さん、加藤さんも中々立派にこなしていたのが嬉しい。
          帰り際、楽屋に寄る。

          音楽監督の島健さん、島田歌穂さんを始め様々な方が暖かく見守ってくれご指導をしてくれると聞いた。
          舞台を作り上げるにあたり、楽屋裏の強力な力が、心に暖かさとして染み渡ってくるのかもしれない。

          あ〜もう一度、いやもう二度も三度もみたいなぁ!

          ブラボ〜〜!!!
          拍手

          (新宿シアター・アプルにて20日まで上演)
          問い合わせ アイエス 03-3355-3553
          | マーサメリー | 02:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          江利チエミ物語〜テネシー・ワルツ
          0
            今日は(と言っても正確には昨日)、シアター・アプルにほんのちょこっと顔を出す。
            中野ブラザーズ兄弟役の、松本晋一さん、加藤忠さんの顔を見る事ができ一安心。
            激励(になったのかな?)を送った(つもり)。

            江利チエミ役の島田歌穂さんを始め、役者さんの歌が本当に素晴らしいと聞く。
            リハで涙が出る程感動するそうだ。

            明日(3日)の幕開けまであと少し。

            ラブ
            | マーサメリー | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            Calendar

                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>

            Profile

            Recommend

            Search

            Entry

            Comment

            Trackback

            Archives

            Category

            Link

            Feed

            Others

            無料ブログ作成サービス JUGEM

            Mobile

            qrcode