Page: 1/2   >>
Don't Quit
0
    部屋の片付けをした。
    10年以上前にNYから帰国した時に運んで来たダンボール箱(大)を。

    書類、写真、MIX MAGAZINE(音楽業界専門誌)などなど。
    その中に、しおりを見つけた。
    見つけた、というよりも、目の前に「あった」。

    そこには「Don't Quit」と大きな文字。

    Rest if you must, but don't you quit.



    | マーサメリー | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    111111
    0
      november-eleventhは今年で11周年。

      今日は11月11日。
      111111
      1がずーっと並ぶ日。

      おめでたい日!
      | マーサメリー | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      7つ道具のひとつ
      0



        翻訳の時の必需品。
        同意語、反意語の辞書がこれ。

        訳がしっくり来ない時にこの辞書に世話になる。
        「なるほど!」という単語が見つかることも多々あり。
        もうすっかりボロボロだが、大切な7つ道具のひとつ。

        今回の翻訳にも多いに役立った。


        英語に関する面白い辞書は結構たくさん出版されていて、他のお気に入りは「The Appopriate Word」

        言葉の奥深さを毎回発見する貴重な書物達だ。





        | マーサメリー | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        一番大切なこと
        0
          謙虚な心が一番。

          家族あっての我が身。
          人様あっての仕事。


          | マーサメリー | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          コミュニケーションとは?
          0
            自分勝手にならないこと。
            相手を批判しないこと。
            相手を思いやる事。

            そうしたら「○○の件は〜に連絡しましょう」というマニュアルに書いてある事柄は、自然に行動できることではないかと思う。
            「このことは○○さんも関わっているから、きっと経過を知りたいだろうな、気にしているだろうな」と思えば、電話に手がのびるし、メールも開いているだろう。
            それと、心が通じたらもっといい。

            マニュアル本になくて、自分しかできないもの。
            それは「心」。

            心を伝達する方法は自分だけしかわからない。
            | マーサメリー | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            能率アップの一手段〜気分転換
            0
              気分が乗っている時や、締めきりに追われ何が何でも仕上げなければならない時は、何時間でも集中するが、気分が乗っていない時は5分と持たない。
              そんな時は、ゴロッと横になって気分転換といきたいところだが、横になった最後、グースカ寝てしまう私は横になれない。

              結局は、自分に合った気分転換を上手に使う、ということが回答のような気がする。

              はてさて、自分に合った気分転換とは?
              好きな音楽を聞いて、どっぷりはまってしまっては、気分転換どころか音楽鑑賞の時間になってしまうし、散歩あるいはWalkingは真夏には暑くてとてもできない。

              そこで偶然見つけた自己流の気分転換法。
              それは、「室内立ち読み」。

              本棚に半ば飾ってある(?)本を取り出して1-2ページ程読む。
              これが中々ハマッタ。

              今日の「室内立ち読み」は、<元気が出て来る「いい話」>著者 志賀内泰弘氏。
              2ページで1つの話しが完結され、読みやすい。
              ちなみに私の大ヒットはP142。

              時計
              | マーサメリー | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              能率アップの一手段
              0
                「忙しい」「時間がない」と、いつも時間に追われているような感覚、ありませんか?
                私は毎日(笑)。

                ちょっとだけ振り返って、タイムを計ってみましょう。

                世の中、日に日に便利になってきています。
                携帯電話は、多機能で優れもの。
                キッチン・タイマー機能を使ってみます。

                一例
                1)メールを開いてから閉じるまで、処理時間を予測します。
                2)その予測時間(例えば10分)にタイマーを設定します。
                3)メールを開いた直後にスイッチ・オン!

                果たして自分の処理予測時間と実際の処理時間は一致したでしょうか?

                処理予測時間と実際の時間とバランスがとれるようになればなるほど、「時間がない」から「時間を作る」という方向に移行しやすくなります。

                くれぐれも、「何分かかるか計ってみよう」と、ストップ・ウォッチ機能を使うのは避けましょう。
                熱中すると、ストップを忘れます!

                あくまでも「時間ですよー」を知らせてくれるキッチン・タイマー機能が役立ちます。
                これは、クリエイティブなことより、事務処理の能率アップに向いています。
                メール処理、住所入力、書類整理などにお試し下さい。
                お役に立てば嬉しいです。

                | マーサメリー | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                効果的な1日を過ごすために
                0
                  9.07付で「段取る力」の重要性を申し上げたが、私の場合は特に、あらゆる面で段取りがない場合、無駄な時間がそれに比例してググンと伸びる。そして自分にイライラする度合いも。

                  例えば、翌日の服を決めていない朝は、どうしようこうしよう、と迷う。ここで10分経過。この10分で電話は2-3本かけられる。

                  頭では「今日のリスト」はできあがっているが、なぜかメールの返答に時間を使ってしまったり、目の前にあることに手をつけてしまい、夕方までにリストの1/3も達成できない。

                  しかし、一旦シンプルなようだが、「リスト」をあらかじめ書き出しておく、と中々これが効果的でちょっとした充実感を生む。
                  ただ単に「今日のリスト」を書くだけではなく、それに関連した事柄や今までの経過、これからの目標地点、期日、関係している人々、その人達に知っておいてほしい事柄などをどんどん書いていくと、ちょっとしたプロジェクト・リストが出来上がる。

                  私はこれを勝手に「サークル・リスト」と呼んでいる。
                  さんざん「今日のリスト(To Do List)」に失敗してきた私が辿り着いたリスト出し方法で、現在のところ、今までよりはちょっとだけ成果がある(と思う)。

                  お恥ずかしい話、「やるべきリスト」だけでは、中途半端に終わってしまい、項目だけが山積みに…(私の場合)。何を誰とどのように完結(成功または達成)させたいか、という意識に欠けていた。
                  例えば「〜に電話をかける」という事柄が「こなすべき仕事」ではなく「電話をかけることによって何を達成させるか」ということに焦点を当てた方が断然効果的だとやっと気がついたその瞬間。

                  1本の線の先端と終わりが繋がってま〜るくなれば、円滑に進む。
                  円滑なコミュニケーションのために、サークル・リストと名付けた。

                  私はこの作業を、午前中のなるべく早い時間に、コーヒー・ショップで行うことが好きだ。おしゃべりに花を咲かす人も少ないので静かだから。
                  加えて、そのコーヒー・ショップのすぐ隣にスタバができたおかげで、ガラガラ!
                  集中できる。(スタバよ!ありがとう!まぁ、コーヒー一杯で長居はしづらいので、時々場所変えをしたりもするが…)

                  仕事も人間関係もデコボコさせないで、ま〜るく循環よろしく進ませる日々の努力で、今日も明日もがんばろう!!
                  ダイヤのエース
                  | マーサメリー | 18:26 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  絶対に失敗するルール
                  0
                    すぐ怒る。
                    すぐ卑下する。
                    すぐあきらめる。


                    これらを実行すれば、上手くいくものも絶対に上手くいかない。


                    すぐ怒る→顔に出る→相手に敵意を感じさせる→相手も敵意を持つようになる→コミュニケーションの成立に悪影響を及ぼす。

                    すぐ卑下する→「どうせ自分なんて」とクヨクヨする→自分だけの暗い世界にどっぷり→周りが見えなくなる→コミュニケーションの成立に悪影響を及ぼす。

                    すぐあきらめる→考えることをやめる→いや〜な感情だけが残る→自分はダメ人間だという過った認識だけが残る→周りとの関わり合いに消極的になる→コミュニケーションの成立に悪影響を及ぼす。


                    みんなのおかげで自分がいる。
                    だからコミュニケーションだけは大事にしたい。
                    大事にできないことはやめようね。


                    コミュニケーションができなくなるってことは、思考回路が停止してしまう→段取ることができなくなる→周りは前進したいのに前進できなくなる

                    でも、本当に前進したいのは誰でもないこの自分。

                    すぐ怒るのを一呼吸して、

                    「どうせ自分なんて」とクヨクヨするする前に、「私だけしかない解決策があるかも」と気を取り直して、

                    「もうや〜めた」と言わず、ここは「もうちょっと考えてみよう。何があるかな?」と
                    探してみたい。

                    それから、どんな時でもニコニコ。

                    怒った顔は相手をビビらす。
                    でも笑顔は相手の心を解きほぐす魔法がある。


                    今日の自分への戒めです。

                    Good Day


                    おはな
                    | マーサメリー | 12:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    慌てん坊は損をする?
                    0
                      スケジュール通りに物事が運ばないのが世の常。
                      突然予期せぬ出来事が、ポーンと入ってくることがある。
                      仕事上だけでなく、健康問題(仕事仲間、自分、家族などなど)は特にそう。

                      昨日はこんなことがあった。
                      愛猫の手が真っ赤になっていることを、外出直前に(なんでよりによって直前!)気がついた。「うわっ、血だ!」と頭真っ白、顔はまっつぁお!
                      冷や汗

                      物言えない動物よ。さぞかし痛いだろうに。
                      すぐさま動物病院に電話。事情を話すと「預かりますのですぐ連れてきて下さい。」
                      おぉ、ありがたい!
                      しかしそこは動物の本能。その時に限って、何が何でもキャリーバッグに入らない。
                      「やだ〜〜」と言って泣く(実際には「うわぁ〜ん」と言っていた)、逃げる、隠れる。

                      後ろ髪を引かれながら仕事場へ行った私。


                      この間、私は完全に冷静さを失い、「怪我をして血だらけになった」と決めつけ、こんな時に病院に連れていけない我が身を責め、「何でこんな時に仕事があるの」と我がスケジュールを呪った。悲しい


                      成功の秘訣は「段取る力かも」と自分で書いておきながら、とっさの時に段取れない私。

                      状況を把握するために自分自身を落ち着かせることを勉強しなくては、と深々と反省した1日であった。
                      慌てちゃいけない!

                      その夜の病院にて。
                      「これって血ではありませんよ。朱肉か赤インク。遊んでたのでしょう。」


                      当分家族に頭が上がりません…。


                      たらーっ
                      | マーサメリー | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      Calendar

                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      Profile

                      Recommend

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Trackback

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode