Page: 1/207   >>
世界で活躍するトップ・ウクレレ奏者とくちぶえ奏者による豪華ライブ!
0


    GINGA Software presents SWEET SEASON

    出演
    Seiji Katz, Kumiko Wakiyama, JazzomCafe

    2017年1月16日(月)
    OPEN 18:30 
    START 19:30

    予約 4000円(税別)
    当日 4500円(税別)

    勝さん&分山さんイメージの特別料理(1300円+税)があります!(数に限りがありますのでご希望の方はご予約を!)

    JazoomCafeさんをイメージした特別ドリンクもあります!(850円+税)


    会場
    赤坂November-Eleventh 1111 Part 2
    港区赤坂 3−17−8 都ビル2F
    TEL: 03-3588-8104

    ライブのご予約・お問合せ
    jazzoomcafe@gmail.com


    勝 誠二
    あらゆるジャンルを超越するロックでポップなウクレレは唯一無二。作編曲家としても数多くのアーティストやCM、テレビ番組などに3000曲以上を提供。2010年から年1枚のペースで発表されたCDはすべて完売。
    4枚目『J』、5枚目『KATZ sings HULA, vol.1』はハワイのグラミー賞と呼ばれるナ・ホク・ハノハノ・アワードにインターナショナル部門で日本人初の2年連続ノミネート。現在7枚目のアルバム『perfect circle』をライブ・イベント会場にて絶賛発売中!韓国や台湾などでも人気上昇中の勝 誠二、2016年12月には初の中国ツアーを成功させる!

    分山 貴美子
    日本人初のくちぶえ(口笛)世界チャンピオン、数少ないプロのくちぶえ奏者。
    ピアノやウクレレの弾き吹きやバンドでのコンサートを開催し、くちぶえ教室を都内2箇所持ち、楽器としてのくちぶえを広めている。「お気軽」「お手軽」「お身軽」にくちぶえ音楽を♪
    心情は鳥が自由に飛び回るようにくちぶえでさえずること。
    夢は大型インコとのデュオ。自然に溶け込み、自然にカラダに入っていく、そんな音楽を作っていきたいと思う。東京を拠点に活動中。

    JazzomCafe
    「ハピレレ音楽教室」校長。
    ウクレレプレーヤーJazoomCafeこと”うっちぃ”
    2011年2月ハワイ・アラモアナセンターで行われた国際ウクレレコンテストで部門優勝&MVP受賞!その後、韓国ウクレレフェスティバル出演他、国内外にて数多くのウクレレ・フェスティバルに出演!日本を代表するウクレレ・プレーヤーとして活躍中。

    | マーサメリー | 01:37 | comments(0) | - | - | - |
    ひと握りの幸せ
    0
      どんな人にもひと握りの幸せはあるはず。
      どんなに小さくても大事に大事に育てていきましょう。😊💕

      寝る前に浮かんできたこと。
      | マーサメリー | 01:11 | comments(0) | - | - | - |
      2016年12月17日(土) チチクリ催事場〜チチクリ9年!次10年!思えば遠くへ来たマロ〜ン!!
      0

        チチクリギターズ誕生からもう9年も経つのですね。

        光陰矢の如し。

         

        彼らの音楽も素敵ですが、やはりお二人の人間性が魅力です。

         

        ギターのInstrumental Duoとしてスタートされ、タイトルも「チチクリギターズ・ライブ」から、 いつの間にか「チチクリ催事場」と変わったチチクリギターズ。

         

        オリジナル曲も着々と増え、来年はなんと10周年!

        お祝いしたいですね〜!!!

         

        チチクリ催事場〜チチクリ9年!次10年!思えば遠くへ来たマロ〜ン!!

        出演:チチクリギターズ(和泉一弥&植木健司)
        会場:ノヴェンバー・イレブンス 1111 Part 2
        日時:2016年12月17日(土)  OPEN 17:00/STRAT 18:30
        料金:前売3,240円/当日3,780円  ※オーダー別途
          特別限定デザート 今回もお楽しみに〜!!
        【お問合せ・ご予約】
        赤坂ノヴェンバ−イレブンス 
        TEL:03-3588-8104 ※お店まで直接ご連絡いただくか
        info@masmary.comからお申し込みください。
        ご予約の際は、
        ・タイトルに”チチクリ9月17日(土)催事チケット予約”
        ・氏名(フルネーム)
        ・お電話番号
        ・予約枚数
        の記載をお願い致します!
        Thank you for coming! マーサメリー

         

         

         

        | マーサメリー | 00:59 | comments(0) | - | - | - |
        Native American Flute奏者 Mark Akixaさんの色
        0

          12月の第1金曜日はNative American Flute奏者マーク•アキクサさんのライブ。

          ライブ前のオンライン・インタビューで、今まで同じ質問をマークさんにさせていただいてきております。

          時が流れるように、人の心も変化するのでしょうか。

          同じ質問でもその時により答えが変わり、マークさんご自身の変化を垣間見るようで毎回お答えが楽しみな私です。

          さて、今日は、そんなマークさんの過去のお答えをピックアップしてみました。

           

          まず、6年前から。

           

          2010年6月25日(金)

          1.ご自身の楽器を色で例えると?

          白でしょうか。どんな色にも染まることが出来うるという意味で。

           

          2.では、今の自分を色で例えると?

          黒でしょうか。どんな色にも左右されないという意味で。

           

           

          昨年久々に同じ質問をさせていただきました。

           

          2015年12月4日(金)

          1.ご自身の楽器を色で例えると?

          見た目は「木」そのものなので赤茶ですけど、音色は「風」そのものなので無色かな。

           

          2. では、今の自分を色で例えると?

          過去に同じ質問をされて、そのときは他のどんな色にも染まらない「黒」だと答えたと思いますが、今は他の色が少々混じろうが簡単に染まることのない「絶対的な白」でありたいですね。

           

           

          そして、今年。

           

          2016年12月2日(金)

          1.ご自身のフルートを色で例えると?

          2.では、今の自分を色で例えると?

          今まで白とか黒で答えていたと思いますが、今回は困ったことになにも浮かびませんね。自分の中で概念が変わったのかな。

           

          みなさんはどのような色をイメージされるでしょうか。

          ちなみに私は、フルートの音色は虹色、マークさんは赤です。

           

           

          | マーサメリー | 21:48 | comments(0) | - | - | - |
          二子玉川パンケーキ打ち合わせ
          0


            image1.JPG
            ライブ打ち合わせで二子玉川へ。
            贅沢にパンケーキを頂きながらの打ち合わせとなりました。

            ハワイアンカフェのパンケーキは、ふわふわ。ホイップクリームたっぷり。
            カロリー満点で寒さ対策バッチリでした。

            12/2 ライブにご出演のNative American Flute奏者マークアキクサさんとは、もう6年のお付き合いです。

            このご縁に感謝。


            image1.JPG
            二子玉川はすっかり変わってしまいましたが、多摩堤通りはまだこの風景が残っています。ほっ。

            image1.JPG

            | マーサメリー | 12:37 | comments(0) | - | - | - |
            礼拝奏楽レッスン
            0

              image1.JPG

              今日のオルガン・レッスンは、26日の光の礼拝の奏楽をみて頂きました。
              特に前奏曲をじっくり教えて頂きました。

              この特別な礼拝に、どのような心、気持ちで前奏曲を弾くのか、ということを考えた時に、

              「commitment」や「意識の高さを持続させる」ことの大切さ、オルガン以外の日常の中での信仰や宣教について、

              日々意識を向けようと誓いました。

              オルガンの技術はもちろんですが、それ以外の様々な事柄がすべてリンクされてきて、「信仰とは何か」

              ということを改めて向き合う時期にいるのだなぁと感じています。
               

              | マーサメリー | 01:09 | comments(0) | - | - | - |
              Native American Flute奏者、Mark Akixaさんとのonline interview掲載しました!
              0

                Native American Flute奏者、Mark Akixaさんに、来月のライブの見どころ聞きどころなどについてお伺いしました。

                「夜の火の演奏会」という何とも神秘的なタイトルのライブは、2016年12月2日(金)にnovember-eleventh1111 Part 2(東京・赤坂)で開催されま〜す。
                もちろん、タイトルに込めた思いについてもお答えいただいております!

                Online Interview10の質問はこちらから!

                http://interviews.masmary.com/?eid=877283

                 

                | マーサメリー | 21:36 | comments(0) | - | - | - |
                秋 豊かに
                0

                  10月最終の週末。雨風で落ち葉も随分たまりました。

                  落ち葉掃きの土曜の午後。

                  「こんにちは!」と遠くの方から声をかけられ、ふと見ると、目の前の学校の書道の先生。

                  何やら生徒を引き連れて文化祭の準備。展示作品や椅子をみんなで運んでいました。

                  久しぶりに一言二言会話。

                   

                  しばらくすると、またまた「こんにちは!」と遠くの方から声が。

                  今度は目の前の学校の職員の方でした。

                  この方とは二言三言会話。

                   

                  この時期は枯れた葉っぱを掃くと粉々になり、何往復も、同じところを綺麗になるまで掃き続けます。

                  私はこの作業が大好き。

                  毎年様々な思いをめぐらせます。でも、ただシンプルに「命」のことを考えます。

                  人間もやがてこうなるのだなぁ、と。

                  若葉の頃あり、花咲く頃あり。

                   

                  自然は私たちにたくさんのことを教えてくれているように思います。

                  物質的価値観に毒されてしまった私たち人間は、そのようなことに目を向ける余裕があるでしょうか。

                  逆に落ち葉掃きは大変、面倒、だから切って。

                  という発想になる人も中にはいらっしゃいます。。。

                  いろいろなご事情があるかもしれませんが、私たちは自然の一部であり、自然に助けられている身であり、自然の前には何もできない弱い人間でもあり、そのようなことも少しは認める謙虚さがあったらこの世の中は少しは変わるだろうか、なんてことにも思いをめぐらせたりします。

                   

                  はてさて、そうこうしているうちに、またまた「こんにちは!」との声で箒の手を止めました。

                   

                  オォ!そこにはグーちゃんが!私の方に飛んできてくれました。

                  もう一本の箒で外を掃いていた母に先に挨拶をして、私のところへ。

                  相変わらず、可愛いです。

                  あっ、ちなみにグーちゃんは、ライトベージュのトイプードルちゃんです。

                   

                  それからというもの、柴犬のジョー太郎ちゃん、同じく柴のなぎちゃんと、立て続けに会いました。

                  みんなお友達。

                  ワンチャンたちと、そして飼い主さんたちとお話をさせていただきました。

                  あぁ、幸せ!

                   

                  落ち葉掃きはこんないいことをもたらしてくれます。

                   

                  長くかかりましたが、私にとってはゆったりと時間が流れた恵みのひと時でした。

                   

                  秋 豊かに こころ広がる土曜の午後に、ありがとう。

                   

                   

                   

                   

                   

                  | マーサメリー | 02:32 | comments(2) | - | - | - |
                  お誕生日メッセージありがとうございました!
                  0

                    image1.JPG

                    22日には、たくさんのお祝いメッセージをありがとうございました!
                    お誕生日前はひとつ歳を取ってしまうのかなぁ、なんて思っていましたが、なんのなんの、

                    お祝いして頂くと嬉しいものですね!
                    朝一のお忙しい中、わざわざバラの花束を届けて下さった方もいらして、心ほんわかしました。

                    写真は頂い花束と、バラが大好きなレンカ。


                    今日から心新たにみなさまのお役に立てられるように、頑張りまーす!
                    今後ともよろしくお願いいたします!


                    Sent from my iPhone

                    | マーサメリー | 11:57 | comments(0) | - | - | - |
                    Bob Dylan ノーベル文学賞受賞に思う
                    0

                      Bob Dylan のノーベル文学賞受賞には驚いたが、これは新たな価値観を世界に示した改革のように思える。(大げさかな?)

                       

                      彼の音楽に初めて触れたのは高校生位の時。それは「ハリケーン」だった。 アメリカ合衆国のボクサー、ルービン・カーターについての長い長い曲。3人の白人を殺したとして逮捕されたが冤罪を主張。緊迫感のあるその歌は、訴える力が強く、まるで小説を読んでいるかのごとくに感じられた。学校から帰り、勉強もせずにこの曲を何回も何回も聞き入ったことはよく覚えている。

                       

                      ノーベル賞受賞云々は置いておいて。

                       

                      私がまだHow many とanswer位しか聞き取れなかった頃、 "Blowin' in the Wind" を聞く度に、牧師のお説教みたいな歌だなと思った。特に彼の歌声がそう聞こえてくるのかなぁと思う。この名曲は多くのミュージシャンがカバーをしてきているけれども、でもBob Dylan でなければそのようには聞こえないから不思議だ。
                      もしかしたら、「いつも神様はみ言葉を風に乗せてまいていらっしゃる」とどこかで思っていることが、彼の声と私が求めている何かの波長があったのかもしれないし、ただの思い込みかもしれないし。

                      (ディラン・ファンのみなさま、勝手な私見、お許しを。)

                       

                      時代は変わった。

                      Dylan, おめでとう。

                      既存の価値観、おさらば!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      | マーサメリー | 01:05 | comments(1) | - | - | - |

                      Calendar

                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << January 2017 >>

                      Profile

                      Recommend

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Trackback

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode